平成29年 松前町・原口八幡神社 新年門祓い・歳旦祭

今年も松前町・原口の門祓いと歳旦祭を取材させてもらいました。 毎年ながら、ここは神楽会の存在はありますが、神楽を行う種類(座数)が少ないのです。人口減少、少子化が進み、維持と継続が難しくなって来た場所でもあります。毎年神楽を行うのであれば、通い続けて見守り続けたいと思い、足を運んでしまう地区です。

平成29年 上ノ国八幡宮「新年門祓い・初神楽祭」

今年も上ノ国の新年門祓いと初神楽祭を取材しております。門祓いと神楽を見られる正月は、貴重な体験だと感じます。この貴重な門祓い風景も残しておきたい光景です。これらを記録して置くことも大切なのです。いつ途絶えるかもしれないので、注意していかなければと感じております。

平成29年 福島町・白符大神宮「新年祭門祓い神事」

毎年恒例になった、福島町白符地区の新春の門祓い神事に行ってきました。昨日は、松前町清部地区と2日目は、白符大神宮門祓神事というスケージュルがなりつつありましたが、昨年は招待神楽の関係上、お伺いできなかったので今年は通常モードということになりました。

平成29年 松前町清部地区・門祓神事と神楽奉納と招待神楽

今年の恒例になりつつある、松前町清部地区での門祓い神事と神楽奉納を拝見させてもらいました。毎年ながらここの神楽を見始めた頃、十数年前になります。門祓いを取材し始めたのは、平成10年くらいだったと思います。

NO IMAGE

【追悼】小樽市教育委員会・石神敏さん

今回は、すいません。画像はありません。思い出だけ記させてもらいます。石神さんは小樽市の学芸員で、小樽の松前神楽等の文化財担当者でした。今の報告書作成までに尽力された方で、報告書を作成するまでの話し合いや、進め方などの道筋をつけてくれた方で小樽では、今後の神楽の行く末を見て欲しい方でした。

平成28年 北斗市・有川大神宮本祭

平成28年最後のトリの例祭といえば、北斗市の有川大神宮です。毎年ではありませんが、神楽を拝見させてもらっています。今年の最後ということで、全て見た訳ではありません。都合もあり、取材という形だと祭式から入りますので、今回は神楽だけ拝見するというスタイルで入りました。

平成28年 北斗市・上磯八幡宮本祭

毎年ではありませんが、訪問させてもらっている上磯八幡宮です。宵宮祭にはお邪魔できませんでしたので、本祭に訪問させてもらいました。ここでの神楽も何度も見ており、「渡島風(函館風)」の松前神楽を行うところです。 数年前に十数年振りに渡御が行われましたが、しばらくはないかもしれませんね。

平成28年 上ノ国町・上ノ国八幡宮宵宮祭

昨日に福島大神宮の本祭を拝見し、本日は上ノ国町にやってきました。神楽舞をみたいと感じて、やってきました。宵宮祭だけではなく、渡御祭にも行きたいのですが、スケージュルの関係でせめて宵宮祭だけでも見たいとやってきました。(つくづく神楽が好きなんだと思います。)

平成29年 松前町にて「郷土芸能大公開」お知らせ

松前町もようやく桜の開花が宣言されまして、いよいよシーズン到来です。毎年行われていますが、松前町で「郷土芸能大公開」と評しまして舞台にて、郷土芸能が披露されます。 月島奴振り、松前祇園ばやし、江良杵振り舞と行われ、昨年話題になった松前神楽も行われます。

平成28年 福島町・福島大神宮本祭【松前神楽奉納】

2016年9月16日(金)に取材しました。本年も宵宮祭、渡御祭、本祭まで、取材をさせてもらいました。福島町内を隈無く歩き、祭りの風景、人との関わり等を勉強させてもらってきました。街の子として育った私の祭りという概念は、「夜店」というイメージでしたが、それは十数年前から「神楽」を通じて知ることになりました。

平成28年 福島大神宮渡御祭 今回は行列に参加した初日

昨日の宵宮祭に引き続きに、本日から2日に渡り、行列に参加するということになりました。新たな視点を見つけられる様に、カメラを持ってのご奉仕ですが、あまり撮影は期待しないで下さい。ご奉仕優先で撮影しておりますので、ご勘弁下さい。

平成28年 福島大神宮・宵宮祭 〜松前神楽奉納〜

今年も福島大神宮宵宮祭の取材に入りました。ここは、先代の宮司からの付き合いもあり、いろいろとお世話になっている神社です。神社という場所を考えると、本来、神社は人の集まる場所であり、集会所的な場所でもあると感じられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク