北海道の祭り(神社)、郷土芸能・文化、風習、伝説などの写真を中心の巡礼日誌です。松前神楽の取材も継続していきます。

良き候北加伊道

スポンサードリンク




その他の行事 江差町・姥神大神宮渡御祭

江差町中歌町・蛭子山山車御披露目会に参加してきました(姥神大神宮渡御祭)

2019年6月8日

スポンサーリンク

2018年8月5日に取材

以前に書いたブログ記事「江差町中歌町・蛭子山山車製作現場へ(平成30年)」の続きのような取材ですが、新しい山車(ヤマ)のお披露目会にお呼ばれして来ました。

新しくなった山車(ヤマ)おさらい

僅かばかりの寄付で恐縮でしたが、案内をいただきました。山車(ヤマ)の制作現場を見てから、4ヶ月程経ちましてお披露目されました。
変わったのは、山車(ヤマ)の本体というか土台です。人形や水引は以前の物です。昨年の下町巡行の際には、姥神町(うばがみちょう)から、水引「日本三景之図」を1日だけ借り受け地元である下町を巡行致しました。

中歌町となる前の町名は「九艘川町」と呼ばれて、現在の中歌町と姥神町が一緒の町内でした。
昭和十二年に町区域改正により、九艘川町から、中歌町、姥神町と2つの町名になりました。町名は2つになり、人形は中歌町、水引「日本三景之図」は姥神町豊年山へ受け継がれています。
特別に、下町巡行の際には姥神町から本来の水引「日本三景之図」を掲げての下町巡行となっておりました。

【蛭子山山車御披露目会】お清め・お披露目会

山車(ヤマ)を新しくというイベントを見るのは初めてです。あまりない光景ですが、貴重な会に呼ばれたことを有り難く感じます。
最初は、山車(ヤマ)のお清めを行いました。

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 祈祷

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 祈祷02

【蛭子山山車御披露目会】会長の挨拶〜お清め

一生に一度あるかないこの事業は、貴重なことだなと思います。そう簡単に、山車(ヤマ)は改装したり、水引を新調したりとしないことを思うと、あと100年大丈夫なような山車(ヤマ)を作らなければならないと感じます。以前は確か、大正時代に作られた山車(ヤマ)だったらしいです。

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 挨拶

御囃子も奏でられました。

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 御囃子披露

宮司が、山車(ヤマ)の周辺にお神酒を落として祓い清めます。

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 お清め01

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 お清め02

【蛭子山山車御披露目会】新しい山車(ヤマ)

以前の記事にも書いたように、見せてもらった時から変更された所もあり、より巡行し易い環境に変わっていました。
平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目

やはり、現在の水引が寸法通りにおさまっているのは気持ちがいいですね。車輪は、以前の物を使用しているようです。
それ以外は、新しい山車(ヤマ)です。
平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 

【蛭子山山車御披露目会】山車会館へ

山車(ヤマ)会館へ、巡行しながら入ります。渡御祭まで数日ですが、山車(ヤマ)会館へおさめます。

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 山車会館へ

【蛭子山山車御披露目会】まとめ

今年は新しい山車(ヤマ)での巡行です。蛭子さんもいつも以上にニッコリとして見えたのは、私だけではないと思います。
雨にだけ当たらないで欲しい渡御祭になって欲しいと思います。

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


【Amazon.co.jp 限定】年刊 日本の祭り 2018年~2019年版


江差姥神大神宮祭礼写真集

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-その他の行事, 江差町・姥神大神宮渡御祭
-, , ,

Copyright© 良き候北加伊道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.