平成28年 福島大神宮渡御祭 今回は行列に参加した初日

2016年9月10日(土)に取材

昨日の宵宮祭に引き続きに、本日から2日に渡り、行列に参加するということになりました。新たな視点を見つけられる様に、カメラを持ってのご奉仕ですが、あまり撮影は期待しないで下さい。ご奉仕優先で撮影しておりますので、ご勘弁下さい。

以前に、委嘱状が送られてきました。行列参加は初めてですが、このような文書をいただくのも初めてでした。
平成28年 福島大神宮 祭礼行列奉仕委嘱状

まず朝に神社に行くと、半纏を貸していただきました。このような半纏を着るのも初めてですので、記念に撮影しておきます。
福島大神宮 渡御祭 半纏

福島大神宮 渡御祭 半纏

所役が、「猿田彦命 御初穂箱リアカー付添」ということで、猿田彦の後ろのリアカーに付いて、御散供(おさご)を頂くことになりました。

私は半纏の着用ということで、他の着付けの必要な人は朝が早いです。先頭を進む、猿田彦の様子です。
平成28年 福島大神宮 渡御祭 猿田彦

今回、助勤でいらした神職さんは、先代宮司の頃にいらしていた方で久々の出会いました。共に田口さんと一緒に記念撮影。
平成28年 福島大神宮 渡御祭 楽人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

神社行列出発

出発式終了後、いよいよ行列の出発です。福島大神宮拝殿は高台になるので、行列が降りて来ます。このシーンは1回しかないので、押さえておきます。
平成28年 福島大神宮 渡御祭 行列先頭

今回は、猿田彦命の真後ろに付き御散供(おさご)をいただく役目ですので、その間は記録はありませんので、休憩の入った福島町役場で撮影しております。後ろに続く、四箇散米行列、奴行列へと続きます。

平成28年 福島大神宮 渡御祭 四箇散米行列
四箇散米行列

御神輿もトラックに載り、御神酒、御祝儀をいただくと神輿前にて口上を述べて納めます。

平成28年 福島大神宮 渡御祭 神輿

行列は各所に立ち止まり、休憩をとります。行く先々で、猿田彦との撮影会になりますね。福島町の猿田彦は、町民に人気がありますね。
平成28年 福島大神宮 渡御祭 猿田彦

平成28年 福島大神宮 渡御祭 猿田彦 集合写真

行列は続きます。奴行列は、各所であるところを見ておりますが、ここの奴は系列はどこなのだろうと思います。
松前町には、「月島奴(つきしまやっこ)」という行列があります。最近見ていないのですが、福島町はこの系列なのでは?と感じます。(確証しておりません)
他の神社の奴行列は、北斗市の有川大神宮の「上磯奴(かみいそやっこ)」がベースになっているということも、何処となしに聞いたことがあります。

平成28年 福島大神宮 渡御祭 奴行列

平成28年 福島大神宮 渡御祭 奴行列

平成28年 福島大神宮 渡御祭 奴行列

平成28年 福島大神宮 渡御祭 奴行列

行列は、夕方まで町内を練り歩きます。初日の終わりが、月崎神社到着まです。
平成28年 福島大神宮 渡御祭 四箇散米行列 月崎神社

平成28年 福島大神宮 渡御祭 巫女 月崎神社
 
福島町の渡御祭は、歩く距離もありますし、「見る人より参加する人が多い祭り」と町内の人がおっしゃる意味がよくわかります。初日から行列に参加してみて、いままで写真を記録していました側ですが、祭りの行列を出すまでにいろいろとあるもんだなと思います。休憩する場所ひとつにも、いろいろと考えた上でのことや、行列進行の時間などの配分や管理といった所も、神社関係者の苦労無くしては、祭りは成立しませんね。

2日目へ続く・・・

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
 

第六回「祭りと神楽 〜福島町いま昔〜」写真展
(2017-03-06)
売り上げランキング: 114,603
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク