檜山地方の郷土芸能

【厚沢部町の獅子舞】新春町内 鹿子舞交流会(平成23年)

数年前から一度行きたいと思っていました、厚沢部町の「鹿子舞」の交流会を取材してきました。

厚沢部町の鹿子舞とは?

通常、ししまいは「獅子舞」と書きますが、この地区の獅子舞は「鹿子舞」と書いて「ししまい」と呼びます。
鹿のような風体で行われているようにも感じられます。

会場は、厚沢部町町民交流センター「あゆみ」で行われました。新しい施設のようです。
今回出演した鹿子舞は、当路鹿子舞と富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)の2つが行われました。上里鹿子舞も出演される予定でしたが、都合上出演できないとのでした。

平成23年 厚沢部町 新春町内 鹿子舞交流会
鹿子舞交流会

当路鹿子舞

当路鹿子舞は、林業が盛んであった当路地区では、木材の流送作業に従事する若者が多く、厚沢部川河口の土場(現・江差町柳崎町)で仙夫や流送人夫として従事していました。土場集落に古くあった鹿子舞を見て感動した若者連中が、明治30年に土場に鹿子分けを願い、以来、今日に至っています。踊りの動作は他地区の鹿子とほとんど変わりませんでしたが、明治40年に角田源次郎が動作の一部を変え、激しい踊りにしたと云われています。終始中腰の姿勢を保つ、激しい踊りが特徴です。

※新春町内鹿子舞交流会パンフレットより引用

平成23年 厚沢部町 新春町内 鹿子舞交流会 当路鹿子舞01
当路鹿子舞

平成23年 厚沢部町 新春町内 鹿子舞交流会 当路鹿子舞02
当路鹿子舞

富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)

当路鹿子舞が終わると、鹿子舞の解説が行われました。親子に渡りこの鹿子舞を行っていて、代々にこの郷土芸能が伝わっていました。少子化の時代に、この鹿子舞を継承しようとする子供等のチカラを感じました。
次は、富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)が行われました。

富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)は、延宝年間(1647年頃)南部津軽衆がこの地に移住した際に、鹿子踊りを伝えたと云われています。文化5年(1808年)の古い記録には、土橋の鹿子踊りが江差の市中で踊られているが記されています。祭事や祝賀、お盆にこれを舞い、豊年満作、五穀豊穣を祈願して今日まで伝承されています。

※新春町内鹿子舞交流会パンフレットより引用

平成23年 厚沢部町 新春町内 鹿子舞交流会 富栄鹿子舞 土橋鹿子舞01
富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)

平成23年 厚沢部町 新春町内 鹿子舞交流会 富栄鹿子舞 土橋鹿子舞02
富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)

【厚沢部町の獅子舞】新春町内 鹿子舞交流会 まとめ

交流会が終了しふと見ると、美和権現舞の笛吹きの方と会い、ご挨拶申し上げました。
権現舞も出る予定でしたが、舞い手の病気で出れなかったようです。神社では練習していたようであります。
今回は2つしか見れませんでしたが、今後も交流会を継続して欲しいと感じました。

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-檜山地方の郷土芸能
-, ,

© 2020 良き候北加伊道 Powered by STINGER