松前神楽豆知識・雑記

松前神楽・豆知識 福島式

前回から引き続き、松前神楽の形式について紹介したいと思います。
大きく分けてこの3つ存在します。
函館市をはじめとした各町で行われている「渡島式(函館式とも呼ばれています)」、松前町をはじめとした各町で行われている「松前式(福山式とも呼ばれています)」と、福島町・小樽をはじめとした各町で行われている「福島式」とあります。
松前神楽形式の3つ目の形式、「福島式」であります。
名前の通り、南北海道の福島町で行われている松前神楽形式であります。
私個人のイメージでは、神楽が盛んに行われている町というイメージで、渡島の中でも町民の中に浸透している地域であり、神楽舞終了後に必ず、「ようそろう!」とかけるのも、福島大神宮代々の宮司が神楽の普及の為に努力した賜物でないかと思われ、松前神楽が盛んな町であると言えると思います。(各神楽舞終了後「ようそろう」と声掛けするのは、福島地区だけの風習になっている。)さらにちなみに、松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、神楽舞終了すると、「ようそろう」と観客から言葉をかけるという風習であります。
若手の楽人の育成にも盛んで、神楽の魅力されて神楽会に門を叩く、入門者が増えてきている。
福島式は、福島町と後志方面の数カ所で行われている。福島町は以前、鰊漁が盛んであり、鰊が捕れなくなると日本海沿いに北上して行き、鰊場を作り労働していた。その移住した人の中には福島町で鰊漁していた人もかなりいたと思われ、福島町で行われていた神楽をその土地で行われたという物語があると思われる。
明治に小樽の朝里村・原田清太郎の長女・奈加は、第13代宮司・常盤井武胤(たけたね)に嫁ぎ、次女・ヤス14代宮司・常盤井秀太に嫁いだということもあり、武胤・秀太は、朝里の住人達に神楽を教え、伝わった話があり、小樽での松前神楽が伝承されてきたようだ。現在でも、小樽市内の数社の神社の宵宮祭・例祭で行われているようである。
現在、よく行われる神楽舞は、
祝詞舞・鈴上げ・跡祓舞・利生舞(宵宮祭のみ)・庭散米舞
三番叟・翁舞・神遊舞・山神・〆引・獅子舞(五方舞・佐々良)
兵法舞・荒馬舞・八乙女舞

とあげましたが、私が数年宵宮祭や例祭・イベント等を拝見させてもらい、よく行われている舞いを書きました。
それ以外に
千歳・神容舞・鬼形舞・獅子の上(御稜威舞)・獅子の鈴上げ
とあります。行われる可能性があると思います。獅子の上は、今年の「松前神楽の特別舞台「神有月-お客様は神様-」 で行われました。
他に資料では、
湯倉舞(明治19年11月の福島大神宮御遷宮式次第には行われた記録がある)
荒神舞(白刃を口にくわえて宙廻転して舞う危険なものであるため行われていない)
神送舞(明治19年11月に行われた記録があるが、長年絶えている舞いらしい)

もありますが、現在は見ることはできないと思われます。
「八乙女舞」は現在、福島地区だけしか見られない舞いであります。この舞いは、神に仕える神子乙女の祝福の稚児舞で、少女二人で舞うものであるとされています。


松前神楽形式を3つ紹介してきました。どの形式も「松前神楽」であり、普通に見ても、「少しだけ違うな」と思われる程度かもしれないですが、3つの形式を見るとなんとなく異なるのが見えてくると思います。
どれも現在も継承されている「松前神楽」であり、どの形式もその土地や関わりのあった土地に渡り継承されてきた「松前神楽」であると言えます。形式や舞い方・楽(笛・太鼓)が異なっても同じ松前神楽であり、南北海道から道央に伝わっている立派な神事芸能であります。
一度、各形式をご覧になって見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-松前神楽豆知識・雑記

© 2020 良き候北加伊道 Powered by STINGER