ブログ内を翻訳する「言語選択」を導入しました

日本語だけでお送りして来ました「良き候松前神楽」でしたが、今後インバウンド(外国人観光客)にも対応したブログにしたかったのですが、その方法を知りませんでした。

調べて行くと、Google翻訳を活用しこのブログも国際的なブログになるというので、早速取り入れてみました。

モバイル端末等でGoogle翻訳のアプリを見ていると、この翻訳力はかなり進んで来たと思いましたので、このブログに導入してインバウンドからの参拝客を呼ぶ媒体にしたいと思います。

言語選択 翻訳

上の写真のように、右側下の「言語選択」から言語をセレクト出来ます。
ちなみに「英語」をセレクトしてみると、

言語選択 翻訳 英語

簡単に英語に翻訳されるという、恐れるべしパーツを取り付けました。これでインバウンド対策とは考えていません。翻訳が、少々おっちょこちょいな所もあるので、上手く通じるかどうか?というところもあるのです。技術の向上、PCの世界は日進月歩です。期待するしかありません。どことなく、伝わればいいかもしれないです。
夢は、このブログを英語翻訳ページを掲載してインバウンド対策したいですね。

北海道も雪解けが進み、これから桜の季節になります。松前神楽のお膝元、松前町でも桜のシーズンに松前神楽が行われるようです。
松前の桜を見て、神楽も見るというスタイルもいいのですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

願わくは・・・

それより願うのは、歴史をひも解くとこの神楽は、隔年に城内の槍の間で行われていたという「城内神楽」の復活なのでないでしょうか?
藩主自ら祭主になり、城内神楽の復活こそこの神楽を格調高いものにすることだと思います。これを行うことのできるのは、お膝元である松前町だけなのです。観光のシーズンオフ対策として、いいイベントなのではないだろうかと考えてしまいます。

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク