スポンサーリンク

福島町の松前神楽

福島町・福島大神宮宵宮祭「鈴上舞と佐々良」(平成19年)

投稿日:2007年9月14日 更新日:

毎年楽しみにしている福島大神宮。明日の渡御祭に、四ヵ散米(しかさご)行列が5年ぶりに登場ということで楽しみにしていたが、行けなくなり残念だが宵宮には4年目となり遂に、四ヵ散米(しかさご)行列が最終日の例大祭には見れる。
福島は、神楽会があり町民と神主2人の構成となっている。若手が育ってきており、ここの神楽の魅力を継承していってもらえるだろう。

宵宮祭で奏上された神楽舞は、榊舞・福田舞・鈴上げ・二羽散米舞・八乙女舞・十二の手獅子舞・五方、面足獅子(通称:佐々良)と奏上された。ササラは2年ぶりの奏上となった。

写真は、鈴上げとササラである。鈴上げは巫女舞ともいい、上下に鈴が舞うので「鈴上げ」といい、天女が天降るさまを表してる舞である。

佐々良は、猿田彦がササラを持ち獅子をからかい遊びたわぬれ、平和な世の中を招く悪魔降伏の舞である。

平成19年 福島大神宮宵宮祭 松前神楽 鈴上舞
鈴上舞

平成19年 福島大神宮宵宮祭 松前神楽 十二の手獅子舞・面足獅子
2年ぶりに現れた猿田彦

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-福島町の松前神楽
-, , ,

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.