スポンサーリンク

檜山地方の神楽舞(松前神楽)

上ノ国町 上ノ国八幡宮 宵宮祭 2009

投稿日:

行きたい行きたいと思っていた、上ノ国八幡宮の宵宮祭の取材である。
9月14日と言えば、福島大神宮宵宮祭に決まって行っていた。今年から渡御が、土日になったようなので、こちらも取材出来るのである。
上ノ国八幡宮も、14日宵宮祭、15日例祭(本祭)という流れで、渡御祭は土日になっている。檜山の松前神楽のあまり訪問していない上ノ国であり、ここにも立派な神楽舞を存続させている。
kaminokuni09_01.jpg
上ノ国八幡宮
↓「続き」をクリックすると続きます。


いつもながら由緒は、北海道神社庁のページから引用させてもらう。

当社の御創建は、文明5年(1473)松前藩始祖「武田信廣」公が勝山舘(現国指定史跡「勝山舘」跡)に守護神として創祀、舘神(舘神八幡宮)と称した。永正11年(1514)2代光廣が大館(松前)に本拠を移し5代慶廣の時豊臣秀吉・徳川家康によって蝦夷島主と認められ、安東氏より独立するに至り、姓を松前と改め後に江戸幕府下の1藩として位置した。上ノ国は、藩祖草創の地として藩主の直領とされ当社は上ノ国三社「現・夷王山神社、砂館神社と併せて上ノ国三社という」の一社で、松前藩の崇敬殊に厚く、他2社と共に歴代藩主は1代に1度必ず参詣し、毎年正月には藩主名代が代参する慣しであった。現本殿は明和7年(1770)建立の一間社流れ造り(一部彩色が施されている)の本殿を明治時代に勝山舘より遷し伝説「大蔵鰊」の若宮社他を合祀している。社殿には松前13代道廣公、14代章廣公の書が、又室町様式の狛犬が幣殿奥深く往時のままに御祭神を護っている。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
若宮社 大鷦鷯命 慶長3年創祀 明治9年合祀・滝廼社 火産霊命 慶長4年再建 明治28年合祀・神明社 天照大御神 正徳3年創祀 明治28年合祀・山神社 大山祇神 文禄3年創祀 大正元年合祀

北海道神社庁から引用
由緒をあらためて見ると、「上ノ国三社」と言われている、夷王山神社、砂館神社、今回宵宮祭の上ノ国八幡宮を取材させてもらっている。意識して取材したのは特になく、夷王山神社は、風景がいいのでよく訪問していた所であり、砂館神社は福島町でイベントの取材の帰りで江差を廻り帰ろうとした時に、たまたま宵宮祭であったので寄らせてもらったのだ。不思議に引き寄せられるような取材である。
今回行われた神楽舞は、正神楽(しょうかぐら)、御幣舞(ごへいまい)、鈴上げ、三番叟(さんばそう)、白面(しろめん)、天皇遊舞(てんのうあそびまい)、千歳(せんざい)、番楽(ばんがく)、獅子舞(ししまい)が行われた。
kaminokuni09_02.jpg
正神楽(しょうかぐら)
kaminokuni09_03.jpg
御幣舞(ごへいまい)
kaminokuni09_04.jpg
鈴上げ
kaminokuni09_05.jpg
三番叟(さんばそう)
kaminokuni09_06.jpg
白面(しろめん)
kaminokuni09_07.jpg
天皇遊舞(てんのうあそびまい)
kaminokuni09_08.jpg
千歳(せんざい)
kaminokuni09_09.jpg
番楽(ばんがく)
kaminokuni09_10.jpg
獅子舞(ししまい)
今まで、松前式や函館式、福島式といった視点から見てきた。上ノ国の神楽は、松前神楽に属する神楽である。名称も少々異なるし、舞い方も若干松前神楽が見え隠れするのである、
9月19日,20日と渡御祭が行われるので、そこでも神楽舞いが行われる。
19日 門払い 午後1時~
    奉遷祭 午後6時 (神楽舞)
20日 発輿祭 正午~神輿渡御 行列巡行
    還御祭 午後6時 (神楽舞)

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-檜山地方の神楽舞(松前神楽)

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.