伝統行事・神事

平成25年 福島町・新春門祓い神事 2013

更新日:

※2013年1月6日に取材したものです。

新春門祓いを4回取材して来ました。流石に「神楽馬鹿」の私も少々疲れてしまいました。
中1日の休憩をはさみ、疲れておりますが福島町に向かいました。1月6日に福島町で行われる、新春の門祓いに同行致しました。しばらくご一緒してないので、再取材になります。郷土芸能や神楽の取材は、毎年行ければいいのですが、都合の為に行けない場合があります。今年は、行けそうなスケージュルだったので、「新春門祓い神事五番勝負」のトリとして参加です。

福島町 新春門祓い 2013
門祓い出発

にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

先代の宮司は、「この新春の門祓いは神主の寒修行だ」とおっしゃっていました。まさにその通りです。
福島町では、この門祓い行列が通過しないと注連飾りを外せないとおっしゃいます。神様を大事にする福島町ならではこその風習であります。この風習があるので、絶対に門祓い神事をしなければなりません。笛と太鼓で、近づいて来たのをお知らせするスタイルをしていますが、近年の高齢化とテレビの音量で聞こえない家屋があり、通過後に、「門祓いを待っているが、いつに来るのだ」と神社に電話をする方もいらっしゃるので、滞りなく門祓い行列は、町を練り歩きます。

fuku2013_kado02
門祓い行列は進む

各家の人が、笛・太鼓の音色を聞いて出ていらっしゃいます。オサンゴとお米と初穂料を差し出します。時には日本酒を差し出す人もいます。出ていらっしゃった人に御獅子さんが、その人の頭を噛み、厄を祓います。皆様、いい顔をしています。子供は泣き出したりしますが、なんとも微笑ましい光景に見えます。

福島町 新春門祓い 2013
獅子に頭を噛んでもらう

福島町 新春門祓い 2013

福島町の民家のある所まで、歩き続けます。絶えず笛・太鼓(通称・行列の笛)が鳴り響き、行列を各家々に知らせます。この時に使用される笛は、雅楽用の笛で龍笛(りゅうてき)という笛を使っています。松前神楽でも使用しております。

福島町 新春門祓い 2013
笛・太鼓が響く

町の半分を周り、天気も良くなったり悪くなったりと繰り返します。

福島町 新春門祓い 2013

福島町 新春門祓い 2013

この門祓い神事は、初秋に行われる渡御祭(通称・例祭またはお祭り)と同じコースを周ります。行列の人数は少ないですが、距離は同じで、渡御祭の時は2日かけて歩くのを1日で練り歩きます。そしてこの雪と寒風と、まさに神主の「修行」です。
これで無事に1年過ごせたらいいと、感じずにはいられません。私は正月から取材に駆けずり回り、少々疲れてしまいました。今年の取材は、いくつ行けるのだろう・・・

締めに、「新春門祓い五番勝負」と題しまして、映画の予告編のような動画を作りました。ご覧下さい。

良かったら、ランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-伝統行事・神事
-, ,

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.