スポンサーリンク

福島町の松前神楽

平成25年 福島町・白符大神宮・門祓い・新年祭 2013年

投稿日:2013年1月2日 更新日:

平成25年になりまして、2日目は恒例になりつつある、福島町・白符大神宮の門払いと新年祭です。
昨夜の疲れから、門祓いの時間を休み、神事から参加しました。
昨日同様、

「門祓いに来なかったなぁ」

と言われてしまいます・・・すいません
本殿で行われる神事、松前神楽の鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)、松前神楽奏上となります。

白符大神宮 新春 2013 鎮釜
鎮釜湯立式

鎮釜湯立式は笹を入れ、今年の豊漁と占いを行います。鎮釜湯立式が終わると、笹湯をいただきます。
これを飲むと風邪を引かなくなるとか。

白符大神宮2013 笹湯
笹湯

行われた神楽舞は、祝詞舞(のりとまい)、荒馬舞(あらうままい)、福田舞(ふくだまい)、山神舞(さんじんまい)、注連祓舞(しめはらいまい)、十二の手獅子舞・五方の六座が行われました。

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いです。

白符大神宮 新年 2013
祝詞舞(のりとまい)

荒馬舞(あらうままい)、松前遊(まつまえあそび)、正前遊舞(しょうぜんあそびまい)とも云います。城内神楽の神楽修行の際に、たまたま藩主の機嫌が悪くこれを直さんと考え馬が好きな藩主の為に、馬術の様子を即興的に創り演舞したところ大変喜び、機嫌を直したと云います。

白符大神宮 新年 2013
荒馬舞(あらうままい)

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いです。

白符大神宮 新年 2013
福田舞(ふくだまい)

山神(さんじん)舞は、奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというものであります。山伏神楽系統の神楽の様子がみられます。

白符大神宮 新年 2013
山神(さんじん)舞

注連祓舞(しめはらいまい)、〆引(しめひき)、七五三祓舞(しめはらいまい)とも云います。白扇を四方四隅中央を祓い、真剣を抜き天井に十文字の縄を張った注連縄を切り払い、悪魔退散、国土安穏、千秋万歳を祝して舞われる舞いで、その神社の斎主(その神社の宮司)が舞う舞いです。切り祓われた紙垂(しで)は安産、火難除のお守りとされています。

白符大神宮 新年 2013 注連祓舞
注連祓舞(しめはらいまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

白符大神宮 新年 2013 獅子舞

白符大神宮 新年 2013 獅子舞2
上2枚 十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)

新年早々、神楽の取材2日目です。

いつも安心して見られる福島町の神楽です。町内の人も神楽を見る風習が残っているようにも感じます。
神楽の面白く見せるのは簡単ですが、「素晴らしい」と感じさせる神楽を見せられるのは難しいです。
見る方にも神楽を理解して、楽しんでもらう人を増やして行けたらいいと思われます。

明日は、上ノ国町の門祓いに行こうと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-福島町の松前神楽
-, , , , ,

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.