松前町の松前神楽 松前神楽松前ブロック連合保存会 渡島地方の松前神楽

平成29年 松前町清部地区・門祓神事と神楽奉納と招待神楽

更新日:

2017年1月1日(日)に取材

今年からの記事の記載方法を変えて行きたいと思います。
以前から記事を書き込むのが遅くなり、更新できないことも少なくないので、以前から訪問したことのある神社で、特別な事柄があった場合を除く時で、通常に例祭風景や神楽風景は写真の数を少なくして更新しやすい環境にもって行きたいと思います。もう少し、フットワーク良く更新したいと感じつつ、それに伴う取材数が多くなり、その他に関わる仕事から処理が困難になってきました。記事の作成を考えると手早く更新出来るように努めて行きたいと思います。

今年の恒例になりつつある、松前町清部地区での門祓い神事と神楽奉納を拝見させてもらいました。
毎年ながらここの神楽を見始めた頃、十数年前になります。門祓いを取材し始めたのは、平成10年くらいだったと思います。
ここの神楽の責任者の人と親戚という人からの紹介で、それ以来のお付き合いになり、責任者の方がお亡くなりになっても今尚こうして、拝見しております。

松前町内には、民間の「神楽会」をつくり、伝承を行なっています。町内に民間の神楽会は以前に3つ存在しておりました。現在は、2つ存在しており、今尚、門祓い、神楽奉納と行われております。人数にも状況がいいのが、この清部地区の清部神楽保存会です。

本年の清部地区は、天気もまずまず、雪も少ない状況下で門祓いが行われました。

松前町 清部地区 門祓神事

拝殿での神楽舞披露

拝殿で行われた神楽舞は、榊舞、福田舞、二羽散米舞、兵法舞、山神舞、三番叟舞、翁舞、神遊舞、四箇散米舞、十二の手獅子舞(五方、面足獅子)の十座です。
拝殿で行われる神楽は、誰でもご覧になれます。だいたい正午から行われます。

今回の写真は、2枚ほど。

二羽散米舞(にわさごまい)、庭散米とも書き、鳥名子舞(とりなごまい)とも云います。鶏は天の岩戸開きに暗黒の世より光明の時を告げ、世の始まりに地を踏み固めた瑞鳥であるとされています。雌雄二羽の鳥形の冠を頭に冠し、羽根には雄は瑞雲つまり天を表し、雌は海の波を形どり地を表して、雌雄親しみ和合して、世の中が平和である様を表し、神の恵みの米をまき散らし、千五百秋の瑞穂の国の五穀豊穣を祝う舞いです。
松前町 清部地区 松前神楽 二羽散米舞

十二の手獅子舞・面足獅子(じゅうにのてししまい・もたりしし)本来、御稜威舞、獅子の鈴上、五方と続き、コミカルな楽に変わると猿田彦が登場します。鎮まっていた獅子を手玉にとり、遊び戯れて平和な世の中を招く悪魔降伏ということです。
松前町 清部地区 松前神楽 十二の手獅子舞 面足獅子

なお、動画で全ておさえているので、後日動画にて公開してフォローします。

招待神楽へ

今年は、町内で招待神楽が行われるということでお邪魔させてもらいました。こういうことが行われているという、記録を撮影です。訪れた家は、神社からも近いところにありまして、以前にも訪問したことのある家でした。

招待神楽とは、家々で目出度いことがあったことや、厄年の人のいるなどのことで家の中で、神楽を行ってもらいことを云います。ここ以外にも招待神楽を行っているところは、上ノ国町、福島町で以前拝見しました。上ノ国町では、正月の門祓い神事の際に立ち寄り、神楽を行うというものです。(この記事はこちらです)
福島町は、お隣の松前町の矢野旅館さんで毎年行われているようです。(この記事はこちらです)
この地域では、昔、正月になると招待神楽の依頼があったそうです。7日までびっちりと、行われたようです。現在は、ある方が珍しいという感じです。毎年見られる光景では無くなっているようです。

松前町 清部地区 招待神楽 家の中で神楽
 
松前町 清部地区 招待神楽 家の中で神楽

拝殿で行われた神楽舞の数が、奉納されており、おおよそ90分ほど行われています。毎度毎度、家の中で行う招待神楽は面白いですね。門祓神事と神楽奉納、そして招待神楽まで運が良ければ見られます。元日から慌ただしく取材をしておりますが、神楽を見なければ正月を迎えた気持ちになってきております。

正月の神楽がスタートしました。さて、今年も神楽を見られて得した気分で、取材を続けます。
 
良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-松前町の松前神楽, 松前神楽松前ブロック連合保存会, 渡島地方の松前神楽
-, ,

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.