平成28年 福島大神宮・宵宮祭 〜松前神楽奉納〜

2016年9月9日(金)に取材

今年も福島大神宮宵宮祭の取材に入りました。ここは、先代の宮司からの付き合いもあり、いろいろとお世話になっている神社です。神社という場所を考えると、本来、神社は人の集まる場所であり、集会所的な場所でもあると感じられます。

毎年、取材を重ねて参りましたが、渡御祭では参加するということになりました。いつもは、外側からこの行列を見ていましたが、今年はその行列の中から見つめる事が出来ます。宵宮祭では、神楽を拝見して直会に参加して、明日の渡御祭の行列でご奉仕と言う事になりました。

北海道 福島町 福島大神宮 拝殿

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福島大神宮・宵宮祭 松前神楽

4ブロックある神楽保存会の中で、ここが唯一、1つの町だけの保存会です。函館は市内の神社と神職が組織されていますし、松前も同様に町内の神職、地域の神楽保存会で組織されています。小樽ブロックは、小樽はもちろんこのこと、周辺の地域(後志方面)の神職や神楽保存会が入っています。福島町の保存会は大変なのです。

福島町は、比較的に本祭よりも宵宮祭の方が神楽を多く行います。本祭は9月16日になっており、平日であれば人数の確保も大変です。宵宮祭の次の日は、渡御祭2日と流れて行きます。夕方ころから行われるので、人も集まりやすいということもあると思います。

今回行われた神楽舞いは、祝詞舞、福田舞、二羽散米舞、荒馬舞、八乙女舞、神遊舞、三番叟、兵法舞、十二の手獅子舞・五方の九座が行われました。

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いです。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いです。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 祝詞舞
祝詞舞(のりとまい)

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いです。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 福田舞
福田舞(ふくだまい)

二羽散米舞(にわさごまい)、庭散米とも書き、鳥名子舞(とりなごまい)とも云います。鶏は天の岩戸開きに暗黒の世より光明の時を告げ、世の始まりに地を踏み固めた瑞鳥であるとされています。雌雄二羽の鳥形の冠を頭に冠し、羽根には雄は瑞雲つまり天を表し、雌は海の波を形どり地を表して、雌雄親しみ和合して、世の中が平和である様を表し、神の恵みの米をまき散らし、千五百秋の瑞穂の国の五穀豊穣を祝う舞いです。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 二羽散米舞
二羽散米舞(にわさごまい)

荒馬舞(あらうままい)、松前遊(まつまえあそび)、正前遊舞(しょうぜんあそびまい)とも云います。城内神楽の神楽修行の際に、たまたま藩主の機嫌が悪く、これを直さんと考え馬が好きな藩主の為に、馬術の様子を即興的に創り演舞したところ大変喜び、機嫌を直したと云います。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 荒馬舞
荒馬舞(あらうままい)

八乙女舞(やおとめまい)は、女性二人が白衣、 緋袴、 千早を着し、 扇を持って舞います。 この舞は後代にいたって創造されたものと考えられます。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 八乙女舞
八乙女舞(やおとめまい)

神遊舞(かんあそびまい)、天王遊舞(てんのうあそびまい)とも云います。二人の武人が弓矢を持ち、四方の悪魔を退散し、正しい心に返す意味の舞で、松前藩の威徳を内外に示し、蝦夷地鎮定、天下泰平を祈願した舞です。この舞は、松前藩主6代矩広(のりひろ)公の作品だと伝えられています。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 神遊舞
神遊舞(かんあそびまい)

三番叟(さんばそう)は、背が低く、顔が黒く、精力絶倫にして健康長寿、正道徳行の翁が、才智多い子孫に恵まれ自身もまた長寿であることを喜び舞う、家門の隆昌、子孫の繁栄を祝福した舞いです。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 三番叟
三番叟(さんばそう)

兵法舞(へいほうまい)は、松前藩の武威を及ぼし天下泰平を祈願する舞いで、最後に勝利した藩主が、敵の武器であった長刀を取り歓喜して一人にて舞い祝います。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 兵法舞
兵法舞(へいほうまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。
北海道 福島町 福島大神宮 松前神楽 十二の手獅子舞五方
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
 

さて、次の日から渡御祭に入り、猿田彦の後ろの御初穂箱リヤカー付添という仕事です。
御散供(おさご)をいただいたり、御神酒をいただいたのを持ち運ぶ係です。猿田彦の真後ろでの作業です。
渡御祭へ続きます。
 
良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク