平成28年 函館市・湯倉神社宵宮祭

毎年宵宮祭には、神楽を拝見しに来ている神社で、函館市内の湯の川温泉地区にある神社です。

ここは、「松前神楽を見る」ということを目的の方には、面白いと思います。
松前神楽は、4ブロックの保存会があります。4ブロックというのは、小樽、函館、松前、福島の4つの保存会があります。それぞれに舞い方や楽(笛・太鼓)が、少々異なる所もあり、各ブロックでそれを伝承・保存をしております。
その4つのブロックを1つにしたのが、松前神楽連合保存会という組織になっております。

湯倉神社は函館市にあるので、松前神楽のブロックで言うと「松前神楽函館連合保存会」つまり「函館」を中心に行われている神楽形式なのです。「渡島式」「函館式」とも呼ばれております。
ここでは、「函館式」だけではではなくて、「松前式」も見る事が出来るのです。神楽を見ると言う視点から、このように楽しみ方があります。

宵宮祭ということで、あまり神楽の座数は行われないのですが、見たい神楽舞いを見たくて伺っています。
今回行われた神楽舞いは、榊舞、福田舞、神遊舞、三番叟、十二の手獅子舞・五方と行われました。今回は、「十二の手獅子舞」以外動画でお楽しみ下さい。獅子舞は人気があり、とても長いので割愛致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松前神楽奉納

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いです。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いです。
函館市 湯倉神社 宵宮祭 湯の川 松前神楽 榊舞

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いです。
函館市 湯倉神社 宵宮祭 湯の川 松前神楽 福田舞

神遊舞(かんあそびまい)、天王遊舞(てんのうあそびまい)とも云います。二人の武人が弓矢を持ち、四方の悪魔を退散し、正しい心に返す意味の舞で、松前藩の威徳を内外に示し、蝦夷地鎮定、天下泰平を祈願した舞です。この舞は、松前藩主6代矩広(のりひろ)公の作品だと伝えられています。
函館市 湯倉神社 宵宮祭 湯の川 松前神楽 神遊舞

三番叟(さんばそう)は、背が低く、顔が黒く、精力絶倫にして健康長寿、正道徳行の翁が、才智多い子孫に恵まれ自身もまた長寿であることを喜び舞う、家門の隆昌、子孫の繁栄を祝福した舞いです。
函館市 湯倉神社 宵宮祭 湯の川 松前神楽 三番叟

良かったらランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク