スポンサーリンク

松前神楽松前ブロック連合保存会 渡島地方の松前神楽 鹿部町の松前神楽

鹿部町 鹿部稲荷神社宵宮祭【平成28年】

投稿日:2016年7月7日 更新日:

今年は、節目の神社が多く大きな祭りになる所が多いです。私の神楽見学もここからスタートすることになりました。
毎年お邪魔させてもらっています、鹿部稲荷神社です。今年は宵宮祭のみですが、神楽が好きなら行かないよりはせめて宵宮祭だけでもと思い、行かせてもらっています。ここで行われる神楽は、見ておきたい所だと勝手に感じて毎年、宵宮、本祭と通い続けている所です。神楽に興味のある方は、お勧め致します。

近年、松前神楽を観覧する人も少なからず多くなって来たようにも感じられます。関係者のチカラで普及が、大きくなって来たと感じられます。気のせいかもしれませんが、気のせいと感じられなかった十年前よりは、感じられるだけでもいいのではと、馬鹿みたいなポジティブで進んで行きたいと思います。
 

松前神楽奉納

神楽舞は、五座行われました。宵宮祭は、毎年見ていれば定番というかほとんど同じ演目です。
幣帛舞、福田舞、鈴上舞、利生舞、十二の手獅子舞(五方)という五座です。

神楽始(かぐらそめ)、神楽初とも書きます。松前神楽に入る前に行われる、楽(笛・太鼓・手拍子)と神歌を神前にて、これから松前神楽奏上することを知らせるプロローグのようなものです。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 神楽初神楽始(かぐらそめ)

幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)、祝詞舞(のりとまい)とも云います。その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いです。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いです。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 幣帛舞幣帛舞(みてくらまい)

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いです。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 福田舞福田舞(ふくだまい)

鈴上げ(すずあげ)、神子舞(みこまい)、乙女舞(おとめまい)とも云います。天女の天降るさまを舞う神子(みこ)の祝福の舞いです。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 鈴上舞鈴上げ(すずあげ)

利生舞(りしょうまい)は、神々に初穂を献じ、 鎮魂を祈るため、 烏帽子、 狩衣、 扇、 玉鈴を持ち行われる二人舞いです。二羽散米舞(にわさごまい)の省略した舞いであると云われており、主に宵宮祭でしか見ることができない舞いです。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 利生舞利生舞(りしょうまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。
平成28年 鹿部稲荷神社 宵宮祭 松前神楽 十二の手獅子舞十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)

特別にという訳ではありませんが、こちらには足を運んでしまいます。理由は、「神楽がいいから」ということだろうと思います。
今年は本祭に行けないのは残念ですが、来年またお邪魔したいと思います。
 
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へにほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へにほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-松前神楽松前ブロック連合保存会, 渡島地方の松前神楽, 鹿部町の松前神楽
-, , , ,

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.