平成30年 美国町 美国神社 例大祭 神社から出る猿田彦

例祭(お祭り) 渡御祭(お祭り・行列風景)

積丹町美国・美国神社例大祭(平成30年)猿田彦の火渡り

2018/12/27

2018年7月5日に取材 猿田彦の火渡りを取材といえば、古平町・琴平神社を取材しておりました。以前からも、もう一つ猿田彦が火渡りをする所であり、今回取材した美国の火渡りが、仕事として取材することになりました。 美国神社の由緒は・・・ 美国神社の由緒は、 享保10年(1725)京都伏見稲荷大社の御分霊を奉斎し、稲荷神社と称したことに始まる。明治8年郷社に列す。明治25年10月31日稲荷神社を美国神社に改称する願い出をし、明治26年5月25日許可された。明治44年2月17日船澗村大綿津見神社ほか5社の合祀を出 ...

ReadMore

平成30年 せたな町大成地区 太田神社 宵宮祭 山掛け 最後の難関

伝統行事・神事

せたな町・太田神社宵宮祭山掛け(平成30年)今年で4年目

2018/12/17

2018年6月27日に取材 今年も懲りずに、この山掛けの取材を続けて行こうと思いました。命がけのこの取材ですが、今年で連続4回目の山掛けです。 太田大権現の宵宮祭に、お膝元まで行ければと思えばこの日を逃して登るよりもいいご利益をいただけそうと感じるのは私だけかもしれないですね。 山掛けまでの天候 初めて山掛けをした当日よりも悪いコンディションです。風も強いし、雨も多く降っております。登らない方が絶対いいと感じさせる天候でした。とりあえず、私は3年前の状況と同じだと感じて、現地に行くことにしました。今回は、 ...

ReadMore

平成30年 平取町 重要文化的景観 オプシヌプリ

北海道の文化財訪問

平取町・重要文化的景観「オプシヌプリ」を見に行こう(平成30年)

2018/12/10

2018年6月18日 重要文化的景観に指定されている所で、北海道にあるのは、この「オプシヌプリ」を訪れてみました。「アイヌの伝統と近代開拓による沙流川流域の文化的景観」が指定されている中の一つです。 重要文化的景観とは、 日本の景観計画区域または景観地区内にある文化的景観であって、都道府県または市町村が保存措置を講じているもののうち、特に重要なものとして文化財保護法第134条第1項の規定に基づき国(文部科学大臣)が選定した文化財である。 近年、開発によって地域の個性が失われていく中で、棚田や里山といった人 ...

ReadMore

平成30年 江差町 姥神大神宮渡御祭 山車 蛭子山 制作現場1

江差町・姥神大神宮渡御祭

江差町中歌町・蛭子山山車製作現場へ(平成30年)

2018/11/28

2018年3月24日(土) 昨年より、江差町の姥神大神宮渡御祭の時に、お世話になっている中歌町蛭子山事務局から封書の郵便が届けられました。山車(ヤマ)の土台を新調するということで、寄付の案内でした。蛭子山には祭りの際には、新出家を通じて笛吹きで参加しながら撮影しており、お世話になっていることもありまして、ほんの僅かでありますが寄付をさせてもらいました。 寄付は振込なんかより、会って渡すことが大事だと感じた私は、江差町まで赴きました。 現在の山車(ヤマ)の制作現場を見せていただきました。 蛭子山土台制作現場 ...

ReadMore

平成30年 松前町 松前神楽郷土芸能大公開 翁舞

イベント関連 渡島地方の松前神楽

松前町・松前神楽郷土芸能大公開(平成30年)【動画】

2018/11/27

2018年4月29日(日)に取材 今年も松前町でゴールデンウィークで行われる郷土芸能と松前神楽が公開されるイベントを拝見してきました。 ゴールデンウィークに開花する北海道にとって、松前町にとっては一番観光客が来る時期だそうで、今後もこのような郷土芸能と松前神楽を公開したイベントが行われるということです。 何事にも、3月8日に国の重要無形民俗文化財に指定された「松前神楽」にとっては、大きなイベントの一発目であると思われますので、記念となる1年になりそうです。 門祓い行列から始まり、郷土芸能、松前神楽公開へと ...

ReadMore

平成30年 平取町 第29回シシリムカアイヌ文化祭 アイヌ古式舞踊 エムシリムセ

アイヌ民族関連 イベント関連

平取町・第29回シシリムカアイヌ文化祭(平成30年)

2018/11/26

2018年2月18日(日)に取材 「アイヌ民族」という存在は、北海道の南に住む私でもあまり知らないことが多いと思います。北海道の歴史を見つめても「アイヌ民族」の存在は避けて通れないと感じます。今までどのようなことが行われて来たことも含めて、北海道の歴史を見つめて行かなければいかないだろうと、「アイヌ民族」の取材を行い始めました。昨年は、新ひだか町のイチャルパ、シャクシャイン法要祭と、アイヌ民族のカムイノミを拝見しました。今回は、勉強ということも兼ねて、「文化祭」の中にも何かが見えるのではと感じつつ、足を運 ...

ReadMore

平成30年 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ祭 15日 津軽桔梗へ 海水沐浴

伝統行事・神事 木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ祭

平成30年 木古内町・佐女川神社「寒中みそぎ祭」海水沐浴

2018/11/15

2018年1月15日に取材 昨夜から微熱が出て、取材どころではなくなり早めに戻り、この日を迎えました。 行修者のパワーをもらったお陰もあり、微熱が引いていましたので、海水沐浴の取材に行くことにしました。 病み上がりですので、無理のないように海水沐浴までの取材となりました。 今年の佐女川 このブログの毎年の行事とまで言わないですが、この禊ぎの水はこの佐女川の水を使用して行われたという伝説があります。 この川の様子で、寒さが感じられると感じて毎年掲載しております。 暖かいのだろうか?何かと今年は、私の住む北斗 ...

ReadMore

平成30年 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ祭 14日 正装 水垢離3 会場に

伝統行事・神事 木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ祭

平成30年 木古内町・佐女川神社「寒中みそぎ祭」水垢離風景

2018/10/31

2018年1月14日取材 中日の14日は、当然朝から水垢離(みずごり)から始まるようで、早朝5時に水垢離が行われたようです。 それ以降は、通常通りの水垢離(みずごり)が行われていたようです。午後からまた現場に戻りました。水垢離(みずごり)の風景を撮影しました。 昼間も正装での水垢離(みずごり)は、ほとんど行われません。何かの時にしか正装して水垢離(みずごり)は行われません。 初日としては、 「なるべく多くの水垢離(みずごり)を行うと15日の海水沐浴の時が楽になる」 ということらしいです。それをするのもしな ...

ReadMore

平成30年 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ祭 参籠報告祭 最初の水垢離 

伝統行事・神事 木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ祭

平成30年 木古内町・佐女川神社「寒中みそぎ祭」参籠報告祭

2018/10/30

2018年1月13日に取材 毎年1月13日から15日まで行われる、木古内町・佐女川神社「寒中みそぎ祭」です。2年前に出した写真集も残り少ないですが、そろそろ新しいのを考えようとしております。 今年も若い行修者が、13日より神社に籠り、水垢離(みずごり)を行い、15日の海水沐浴まで寒さ厳しい津軽海峡に御神体を持って海に入り御神体を清めてきる荒行が行われます。夕方から行われる参籠報告祭が行われ、この神事より4人は別当、稲荷、山神、弁財天に成り代わります。今年は参籠報告祭に、間に合わず拝殿に入らず最初の水垢離か ...

ReadMore

平成30年 松前町 原口八幡神社 新春門祓神事 鳥居前

松前神楽松前ブロック連合保存会 渡島地方の松前神楽

平成30年 松前町原口地区・原口八幡神社「新年門祓神事と歳旦祭」

2018/10/26

2018年1月4日に取材 松前神楽を取材し始めて十数年が経ち、松前町内に民間の保存会がかつて三つありました。 一つは、毎年元日に門祓神事・神楽奉納を行なっている「清部八幡神社」と、かつて存在していた「江良八幡神社」、そして「原口八幡神社」の三社です。現在は、二つの保存会が松前神楽の伝承を行なっています。今回の原口八幡神社は参加人数も少ないですが、正月の門祓神事と、歳旦祭の中に松前神楽を一座から二座ほど奉納しております。歳旦祭と厄払いの神事も含めて行われております。 今年もどの程度行われるかわかりませんが、 ...

ReadMore

Copyright© 良き候松前神楽 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.