北海道の祭り(神社)、郷土芸能・文化、風習、伝説などの写真を中心の巡礼日誌です。松前神楽の取材も継続していきます。

良き候北加伊道

平成30年 沼田町 夜高あんどん祭り 初日 大型あんどん点灯・練行05

その他の行事 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道沼田町の祭り】沼田町・夜高あんどん祭り(平成30年)

2019/8/31

2018年8月24日に取材 今回は、沼田町の夜高あんどん祭りを拝見しました。生憎の大型台風接近となり、祭りも行われるかどうかわからない中での取材ですが、とりあえず現場に行ってみないとわからないので、行くことにしました。 沼田町へ入る 初めて行く町でしかも本番の時刻なので全てがわからない状況の中、駐車場を確保して練行を待ちました。 ふと町に飾られているのは、祭りの幟(のぼり)です。もう向こうには、あんどんが練行しておりました。 「沼田あんどん祭り」由来 雰囲気のあるこのあんどんは、北海道の物ではないようです ...

ReadMore

平成30年 平取町 チプサンケ アイヌ民族 丸木舟 イナウ

アイヌ民族の祭礼・神事 アイヌ民族関連 伝統行事・神事

【北海道平取町の祭り】平取町二風谷・第49回チプサンケ本祭(平成30年)

2019/8/30

2018年8月19日(日)取材 昨年も取材しましたが、今年も平取町二風谷へ。前夜祭には行けなくて、本祭のチプサンケにやって来ました。 今年は川下りをしようと思います。 「チプサンケ」とは? アイヌ語で、チプ(cip:舟)、サンケ(sanke:出す)という意味から、舟の進水式ということです。 1972年(昭和47年)以降、沙流川を彩る夏の風物詩として地域に受け継がれる恒例行事です。チプ(cip:舟)づくりとして、二風谷を中心に開催されており、アイヌ文化継承としての意味合いと同時に、地域振興のお祭りと ...

ReadMore

平成30年 江差町 姥神大神宮渡御祭 上町巡行 祭囃子コンクール 優勝 蛭子山02

伝統行事・神事 江差町・姥神大神宮渡御祭 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道江差町の祭り】江差町・姥神大神宮渡御祭「上町巡行」3日目(平成30年)

2019/8/9

2018年8月11日取材 昨日の下町巡行からですが、下町巡行も終りの時間は0時超えておりました。疲れを知らない祭り人は、この日も早くから巡行の準備を行い、午後からの巡行のために準備いたします。 神社行列でも準備が行われております。猿田彦の準備です。 【平成30年 姥神大神宮渡御祭上町巡行】猿田彦の準備 猿田彦の衣装や面を付けるなどの準備をして、上町巡幸が始まります。猿田彦命の装束を軽装にすることも出来ずに、この暑い時期でも装束を着込みます。流石に、面は上げて巡幸いたします。 猿田彦の権限が強いところですが ...

ReadMore

平成30年 江差町 姥神大神宮渡御祭 下町巡行 蛭子山 神社前へ02

伝統行事・神事 江差町・姥神大神宮渡御祭 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道江差町の祭り】江差町・姥神大神宮渡御祭「下町巡行」(平成30年)

2019/7/5

2018年8月10日取材 今年の下町巡行の様子を笛を吹きながらではありますが、記録していたのを公開します。 この日も、山車(ヤマ)中心に巡行に、笛吹きをしながら撮影しながらというスタイルで記録しております。 写真が多くなりまして、昨年が少なかったので今年は多めに入れております。 【平成30年 姥神大神宮渡御祭下町巡行】神社前に集合まで 神社に近くにある中歌町です。姥神大神宮から徒歩でも5分でも巡行は、日付変更頃まで、いやそれ以上かかります。山車(ヤマ)の巡行というのは、関わる人の安全で楽しく巡行するように ...

ReadMore

平成30年 江差町 姥神大神宮渡御祭 宵宮 山車 義公山 祭人

江差町・姥神大神宮渡御祭 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道江差町の祭り】江差町・姥神大神宮渡御祭宵宮(平成30年)

2019/6/17

2018年8月9日取材 毎年取材というか、祭りを楽しんでいる感じになってきた祭りです。中歌町・蛭子山の祭囃子を覚えて、参加をし始めた平成26年です。今年で5年目ということになります。笛吹きに来ているのか、写真を撮りに来ているのかというと、笛吹きが楽しくなって来ているということが大きくなっていると思います。 祭りの感じ方も、参加することにより、より一層深いものを感じられました。今年も、蛭子山を中心に笛を吹き、楽しみながら取材しようと思っております。 【平成30年 姥神大神宮渡御祭宵宮】宵宮神社前にて 8月9 ...

ReadMore

平成30年 江差町中歌町 蛭子山 山車御披露目 挨拶

その他の行事 江差町・姥神大神宮渡御祭

江差町中歌町・蛭子山山車御披露目会に参加してきました(姥神大神宮渡御祭)

2019/6/8

2018年8月5日に取材 以前に書いたブログ記事「江差町中歌町・蛭子山山車製作現場へ(平成30年)」の続きのような取材ですが、新しい山車(ヤマ)のお披露目会にお呼ばれして来ました。 新しくなった山車(ヤマ)おさらい 僅かばかりの寄付で恐縮でしたが、案内をいただきました。山車(ヤマ)の制作現場を見てから、4ヶ月程経ちましてお披露目されました。 変わったのは、山車(ヤマ)の本体というか土台です。人形や水引は以前の物です。昨年の下町巡行の際には、姥神町(うばがみちょう)から、水引「日本三景之図」を1日だけ借り受 ...

ReadMore

平成30年 美瑛町 美瑛神社渡御祭 駅周辺 神輿渡御03

伝統行事・神事 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道の祭り】美瑛町・美瑛神社渡御祭(平成30年)

2019/6/6

2018年7月25日に取材 昨日の「那智・美瑛火祭り」から、今日は美瑛神社の渡御祭です。那智・美瑛火祭りだけの取材だけではもったいないので、渡御祭も拝見致しました。美瑛神社の渡御は3年で町内を周りきるということです。以前にも来ているので、全ての渡御に付き合っています。だからどうしたったということもありませんが、渡御祭というのは、その町を隅々と練り歩くことなんで、町全体を見ることができます。毎年行っていると、町の変化を見ることが出来ます。 【美瑛神社渡御祭】準備 境内にて、神輿渡御の準備が行われておりました ...

ReadMore

平成30年 美瑛町 美瑛神社宵宮祭 那智・美瑛火祭り 大松明03

伝統行事・神事 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道の祭り】美瑛町・美瑛神社宵宮祭「那智・美瑛火祭り」(平成30年)

2019/5/30

2018年7月24日(火)に取材 丘のまち美瑛町は、旭川空港も近く、外国人観光客にも人気スポットとして人気のある観光地であります。その美瑛町で行われている「火祭り」が行わています。 今年も美瑛町まで足を運んで、「那智・美瑛火祭り」の取材をしたいと思います。今年は30年の節目の年ですので、是非取材しなければと考えておりました。 取材する際にも、実行員会や神社にもご挨拶申し上げさせていただきますが、もう30年も行なっていて今後も何とか続けて行って欲しい行事であります。祭りを記録していく中で、この30年という時 ...

ReadMore

平成30年 古平町 琴平神社例大祭 二日目 渡御祭 猿田彦 火渡り

伝統行事・神事 祭り(渡御祭・本祭)

【北海道の祭り】古平町・琴平神社例大祭(平成30年)渡御祭二日目「猿田彦の火渡り神事」

2019/5/23

2018年7月15日(日)取材 古平町滞在3日目です。泣いても笑っても今日で火渡りは終わりです。また1年待たなければならないので、集中していこうと思います。 初日同様に行きたいのですが、朝から天気が悪いようです。だんだんと悪くなり渡御の延期もかかり、少々待機ということになりました。 一度出てしまった神輿は、琴平神社に戻るまでが祭りです。最後まで渡御するようです。 無理せずとも・・・と思いがちですが、一年に一度の渡御祭です。各町内には猿田彦や神輿を待っている家々があるのです。中止になれば、後日行われることは ...

ReadMore

平成30年 古平町 琴平神社 例大祭 渡御祭 猿田彦 夕方の渡御03

伝統行事・神事 例祭(お祭り)

【北海道の祭り】古平町・琴平神社例大祭(平成30年)渡御祭初日「猿田彦の火渡り神事」

2019/5/21

2018年7月14日(土)取材 昨日の海上渡御から、本日は渡御祭初日です。いよいよ今日から2日間に渡り、町中を練り歩きます。 9年前にも最初から取材していなかったこともあり、神社を出るところからは初めてでした。猿田彦の威勢のいい歩きぶり、立ち止まっての睨む様といい、秋田のなまはげを思わせるような威厳のあるのを表現するには非常に難しいことと思われます。猿田彦は話すこともなく、氏神様の先導役として、渡御の際の道を警戒し安全を確認しながら進行しているという様を観衆見せるという役目ですが、ここまで権限の強い猿田彦 ...

ReadMore

Copyright© 良き候北加伊道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.