スポンサーリンク

福島町の松前神楽

福島町千軒 そばの花鑑賞会 2010

投稿日:

毎年楽しみにしている、千軒そばの花鑑賞会であります。
25日には、北海道新聞朝刊にも「そばの花鑑賞会」の記事が全道版で紹介されていました。そのおかげでしょうか、昨年よりもお客さんが多いようでした。
天気も数日前には、雨の予報だったのが無事にいい天気になりました。日差しが強く、気温も高くなりました。
sengen_soba_2010_01.jpg
そばの花と雲
sengen_soba_2010_02.jpg
松前神楽の説明をする宮司
   
 


観賞会は千軒そば生産会(佐藤孝男会長)が毎年開いているもので、今年で9回目になります。
約3・5ヘクタールのそば畑が一面真っ白に花で染まる中、華麗な神楽舞いを山の神様に奏上しました。
行われた神楽舞いは、祝詞舞(のりとまい)、福田舞(ふくだまい)、鈴上げ(すずあげ)、山神(さんじん)、八乙女舞(やおとめまい)、三番叟(さんばそう)、
祝詞舞(のりとまい)、弊帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いであります。
sengen_soba_2010_03.jpg
祝詞舞(のりとまい)
福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いであります。
sengen_soba_2010_04.jpg
福田舞(ふくだまい)
鈴上げ(すずあげ)、神子舞(みこまい)、乙女舞(おとめまい)とも云います。
天女の天降るさまを舞う神子(みこ)の祝福の舞いであります。
sengen_soba_2010_05.jpg
鈴上げ(すずあげ)
山神(さんじん)舞は、奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというものであります。
sengen_soba_2010_06.jpg
山神(さんじん)
八乙女舞(やおとめまい)は、女性二人が白衣、 緋袴、 千早を着し、 扇を持って舞います。 松前神楽は本来男性の舞で、 この舞は後代にいたって創造されたものと考えられます。
sengen_soba_2010_07.jpg
八乙女舞(やおとめまい)
三番叟(さんばそう)は、背が低く、顔が黒く、精力絶倫にして健康長寿、正道徳行の翁が、才智多い子孫に恵まれ自身もまた長寿であることを喜び舞う、家門の隆昌、子孫の繁栄を祝福した舞いであります。
sengen_soba_2010_08.jpg
三番叟(さんばそう)
十二回手が変わるので、十二の手獅子舞と言われる云われています。1年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。
sengen_soba_2010_09.jpg
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
sengen_soba_2010_10.jpg
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
会場は約200人の入場者がこのそば畑を鑑賞し、「よーそろー」と声をかけていました。
福島の松前神楽は、「よーそろー」の掛け声が礼儀でありますし、労いの言葉だと思われます。
もう少し、カメラマンも「よーそろー」を声を掛けてもいいのでは?と思われます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-福島町の松前神楽

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.