スポンサーリンク

福島町の松前神楽

福島町 福島大神宮渡御・本祭

投稿日:

昨日の渡御祭に引き続き、最終日の今日も渡御し、本祭までを取材させてもらう。
月崎神社で昨日は終了したので、今日は月崎神社からスタートする。神輿も一晩、月崎神社で過ごしたそうだ。
fukusima_08_33.jpg
月崎神社を出る先導猿田彦
昨年同様、月崎神社前で高らかにあげられる神輿は、天気もいいこともあり、清々しい。
fukusima_08_35.jpg
神輿があがる
「続きを読む」をクリックすると続きます。


行列は、乱れないでスムーズにゆく。多少、行列と神輿の間隔が離れてしまう程度である。
今年は四ヵ散米行列も出ていないので、このようにスムーズだと考えられる。人数が多くなればなるほど、進行が大変になるのだろう。先頭も時間の調整しなければならないし、気を使う役割だ。
fukusima_08_36.jpg
神社行列先頭
国道に出ると交通量もあるから、事故のない様にする警備も大変である。
fukusima_08_43.jpg
巫女行列
fukusima_08_45.jpg
獅子
今日も笛の練習をする中塚隆太朗君。若手のホープ!
fukusima_08_46.jpg
覚えるのが早い大宮司こと中塚隆太朗君
神輿が舞い上がるのが清々しいので、各地で舞い上がり特集をしてみた。
fukusima_08_37.jpgfukusima_08_44.jpg
fukusima_08_38.jpg
ご祝儀をもらえると、「ワッショイ」の掛け声と共に神輿が舞い上がる。
fukusima_08_41.jpg
福島町の皆さん、渡御を待っていて、玄関を出て神様を迎えている。
fukusima_08_42.jpg
ある会社で、獅子の柱固めを仕始めた。工場の中にある神棚に向けて、獅子の口を数回開閉し、祓い清める儀式だろうと思われる。
fukusima_08_39.jpg
獅子の柱固め
さて、行列も神社に向けて練り歩くと、神社から高提灯をもった2人が行列を迎えに行き、行列の先頭に立ち、神社の本殿まで行く。
fukusima_08_48.jpgfukusima_08_49.jpg
高提灯が行列を迎えて共に行進する
行列の先頭にいた巫女さん。浦安の舞に使用する扇を持ち、猿田彦の後ろを共に練り歩く。
fukusima_08_50.jpg
神社に到着した巫女さん
一番後ろにいた神輿は、駆け上がってくる。階段は結構あるので大変だ。
無事に事故もなく、渡御は行われた。遷霊の儀を行い、神輿の中から御神体を出して本殿に戻す儀式である。(写真はありません)
fukusima_08_51.jpg
駆け上がる神輿


行列はここまで。本祭に入り神事を行い、神楽奉納となる。この日行われた松前神楽は、榊舞・福田舞・八乙女舞・獅子舞の4座行われた。
fukusima_08_52.jpg
榊舞
fukusima_08_53.jpg
福田舞
fukusima_08_54.jpg
八乙女舞
fukusima_08_55.jpg
獅子舞
今年は、完全に取材できた。以前は、お祭り期間4日間だったらしい。最後の日が、本祭を行う日だったらしい。
暑い中、行列も乱さずキッチリとしている様は素晴らしい。伝統を守る福島町の皆さんの心意気をあらためて見させてもらった。
来年こそは、四ヵ散米行列か奴行列が参加してくれることを願います。
新宮司は、赴任し短い期間ながら支度を行い、なんとか祭りを終わらせた。おめでとうございました。
ようそろ!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-福島町の松前神楽

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.