スポンサーリンク

福島町の松前神楽

福島町 吉岡八幡神社 門払い・本祭

投稿日:

昨日から福島町・松前町方面で取材をさせてもらっている。
今日は、福島町・吉岡八幡神社と松前町・熊野神社である。午前は門払いと本祭で、吉岡八幡神社、午後からは、松前町に行き熊野神社の夕祭を取材しようと思っている。
福島町・吉岡八幡神社は、寛永3年(1626)村中建立、元文4年(1739)松前藩主第11世邦広公再建しているが当初は笹井(常磐井)家の兼務でのち宮歌八幡神社の藤枝家の兼務となった。安永7年(1778)天明7年(1787)文化7年(1810)と再建されている。
と、北海道神社庁のホームページで由緒を見ると述べられている。
福島町は松前藩の直轄地であったせいか、藩主が神社を再建したりしているのがわかる。
yosioka09_08.jpg
吉岡八幡神社
↓「続き」をクリックすると続きます。


昨日の宮歌八幡神社よりも門払いの範囲が広く、8時30分出発から午前中で終了した。
yosioka09_05.jpg
門払い出発
yosioka09_06.jpg
細かい所は、旗と御幣と塩打ちと笛だけが行く。
午後1時から本祭となる。
今回奉納された神楽は、祝詞舞(のりとまい)、福田舞(ふくだまい)、山神(さんじん)、獅子舞・五方(ししまい・ごほう)の4座が行われた。
祝詞舞(のりとまい)、弊帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)ともいう。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという。神職の神明奉仕の姿を表した舞いである。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いである。
yosioka09_01.jpg
祝詞舞(のりとまい)
福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云う。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云う。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いである。
yosioka09_02.jpg
福田舞(ふくだまい)
奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというもの。
yosioka09_03.jpg
山神(さんじん)
十二回手が変わるので、十二の手獅子舞と言われる云われている。1年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのである。
五方とは、東西南北と正中を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表している。
yosioka09_04.jpg
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
社務所内を見ていると、以宮司であった人の写真を見つける。
名前は、相原末次郎、三影慶次郎とあり、昭和39年に発刊された「松前神楽」の本に名前や写真が掲載されていた名前であった。
yosioka09_07.jpg
たびたびこのブログを見て頂いている方から、「どうしてこのようなことしているのか?」等の質問を受けるが、あくまでもその土地の町の記録であり記録しておいた方がいいと感じるし、「松前神楽」を撮りたくて取材しているし、手探りながらその土地で行われている松前神楽を実際に見て、思ったことを書いているのだ。松前神楽でもコンサートでも、「生」が一番いいのである。公式のブログでもないが、勝手ながら神楽舞の魅力を伝えられたらと思っている。一度でもお近くで行われるお祭りに足を運び、「松前神楽」を生で見て欲しいのである。
午後は、松前町に移動し、熊野神社の夕祭を取材する。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-福島町の松前神楽

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.