松前神楽 鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)

今まで撮影した中から、松前神楽の写真を公開しております。
今回は、鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)です。松前神楽の三十三座あるうちの十二座がこの、鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)であります。
鎮釜湯立式モノクロ
2009年 松前町・熊野神社
鎮釜湯立式とは、鎮火祭という火を鎮める神事であります。釜でお湯を焚きホムスビノ神とミズハノメノ神をお祭りし、火(霊)を祓い清め、釜に向かい神歌を奏で鎮釜・鎮火を行います。また、湯笹で四方を拝し祓い清め除災招福を修します。また、この笹湯は祓われて外症状を治し、飲んで内症状を良くすると言われております。作物・漁獲量の吉凶を占う神事であり、松前神楽三十三座の中に十二座入っている神事であります。
2009年、松前町熊野神社にて撮影しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク