スポンサーリンク

函館市内の松前神楽

函館市 高穂神社例祭

投稿日:

はじめて取材させていただく神社で、函館空港の近くの上湯川団地内にあるお宮。
宵宮祭(5/15)で、渡御祭(5/16)、本祭が今日ということである。宵宮祭では、松前神楽の奉納は行われていないようである。本祭ということで、松前神楽が奉納された。
神事が終了すると、松前神楽の奉納になるのだが、本格的に神楽に入る前に行われるのが、「神楽始(かぐらそめ)」である。舞いは行われず、楽だけ行われる。神様にこれから神楽が始まるというお知らせの楽であるようだ。
右から、小太鼓、大太鼓(神歌)、龍笛と並び行われた。
takaho_09_01-1.jpg
神楽始(かぐらそめ)
↓「続き」をクリックすると続きます。


今回奉納されたのは、幣帛舞(みてぐらまい・榊舞ともいう)、鈴上げ、福田舞、二羽散米舞、千歳、三番叟、翁舞、荒馬舞、神遊舞、山神、注連切、獅子舞(五方、佐々良)の12座が奉納された。この地域で、「荒馬舞」が行われるのは珍しいかもしれない。「荒馬舞」は、函館市内では行われない舞いであり、函館式の中には行われない舞いである。
takaho_09_01.jpg
斎主がはじめに舞う 幣帛舞(みてぐらまい)
幣帛舞(みてぐらまい)が終わると、御幣を参拝者に向けて振る。
takaho_09_02.jpg
takaho_09_03.jpg
鈴上げ
takaho_09_04.jpg
福田舞
takaho_09_05.jpg
二羽散米舞
takaho_09_06.jpg
二羽散米舞
takaho_09_07.jpg
千歳
takaho_09_08.jpg
三番叟
takaho_09_09.jpg
翁舞
「松前遊」とも言われる荒馬を表した舞いである。
takaho_09_10.jpg
荒馬舞
takaho_09_11.jpg
神遊舞
takaho_09_12.jpg
山神
takaho_09_13.jpg
注連切り
takaho_09_14.jpg
獅子舞(五方)
takaho_09_15.jpg
獅子舞(佐々良)
こちらのお宮の神楽は座数も多く、神楽舞の解説をしてくれる人もいらっしゃるし、函館市内では行われない「荒馬舞」も行われる神社であった。
まだ本格的に例祭シーズンではないので、この時期に松前神楽を見れるのは嬉しい。また来年、訪問してみたいと思う。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク




-函館市内の松前神楽

Copyright© 良き候松前神楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.